クライエントにアドバイスをすると、失敗する理由(その2)に寄せて

ー追伸

 

単なる愚痴聞きのようなレベルで満足いただけて、現実もそれで楽に生きていけるのでしたら、このような特別な学びもスキルもいらないだろうと私は思います。

それだけのことでしたら、きっと、私たちもここまですることはなかったでしょう。

 

ほんわか倶楽部に巡り巡って来ていただけるクライエントさんは、そうではないのです。

優しいがゆえに様々な辛さの渦中に遭いやすく、理不尽に対して敏感にもなっています。

…だからこそ、「自分を生きたい」と真剣に(痛切に)求めておられる方が多くおられます。

そのような状態の時に(意識的にであれ、無意識的であれ)求められるのは、一体、どのようなことだと想像しますか?

寄り添い癒されるとともに、トンネルのような心境から抜け出て、何かしらの現実的な変化を切実に求めていて、その方向性を自らの内から見出したい!という思いを、お話を聴かせていただく度に私はよく感じます。

 

    • そのようなクライエントさんを、真摯に傾聴させていただきたい方
    • そのための俯瞰的な視点を、具体的に身に付けたい方
    • そのための傾聴力を身に付けて、現実に活かしたいという方

とても多くいらっしゃる貴重なご縁に、心から嬉しく感じております。

 

傾聴者として自らの段階を知って必要ならばステップアップされる方と、ほんわか倶楽部としてパートナーシップを組ませていただければと願っています。

求めておられるクライエントさんがおられます。

そのためにステップアップを求められる方に向けて、稀有な内容である無料オンライン講座を外部講師の櫻井先生にお願いして開催しておりますが、ご参加は義務とはしておりません。

ぜひ、お気持ちから任意ご参加いただくことを始めとして、ともに活動していけましたら幸甚です。

 

ほんわか倶楽部・傾聴メンバー、ほんわか倶楽部・事務局、運営責任者、むらたつとむ